秋葉原写真風景

ラジオ会館を中心に、、秋葉原の写真を掲載していました…。今は、撮ったものを徒然。

ロンドン! リバプール編 その2

DSC_3356_20120930011457.jpg
イギリス旅行より、リバプール・その2です。博物館と、ビートルズゆかりの地を巡る「マジカルミステリーツアー」での写真をお送りします。
撮影は、2012年3月19日です。

マージ―川に面したアルバートドックの煉瓦群の一つに、博物館「ビートルズ・ストーリー」はあります。日本人も多いのでしょうか、日本語音声ガイドもあり、使い方も日本語で説明してくれます。
DSC_3312.jpg
ジョージが最初に手にしたギター。右下「アンソロジー」に写っているものの実物です。これは本物ですが、複製品も多いです。

DSC_3324.jpg
キャバーンクラブの再現。アンソロジープロジェクトの際に、PVのセットとして使われたそうです。
地元だけに、デビューまでの展示が多いです。

DSC_3336.jpg
中はこんな感じ。
音声の声がジョンにすごく似ていて、もしやメンバー全員似た人を探したのかと思いきや、そんなことはなく、全員をジョン声の人が担当していました。
2時間くらいいたようです。

バスの集合場所があいまいですが、出口付近に日本人が何人もいたので、彼らについていくことに。明らかに日本人だとわかっていても、なんだか話しかけづらいですよね。英語じゃないと会話しちゃいけないような気がします(東京で会った同郷人と、方言で話せない問題に似てる?)。
DSC_3338.jpg
オプションの、「マジカルミステリーツアー」のバス。それっぽいそれっぽい。
スペイン人と、日本人と、その他分からない人々。オーストラリア人はいなかった。ガイドさんが呼びかけるんだけど、日本人は何かテンションが低いです。応えたのが僕くらいだった。
多国籍なので、何とか理解できる程度の、分かりやすい英語で解説してくれます。ガイドさんの名前は忘れましたが、運転手はポールさんでした。「Hi,Paul!」とみんなであいさつ。

リバプール
参考地図。ジョンとポールの家は、絵のちょっと外側にあります。駅からは離れてるんですよね。
まず、リンゴの生家へ。降車せず、バスから眺めるだけです。メンバーの生まれ育った環境について語られることはよくありますが、正直、それほど裕福ではない一角だな、という雰囲気があります。

DSC_3343.jpg
ペニーレイン。ここから離れた、通りの看板の近くで降車しましたが、歌で歌われているのはこの辺りでしょう。残念ながら、バスの中から眺めただけです。床屋などもあったようですが、わからずじまい。片側二車線で、そこそこ賑やかに思えます。

DSC_3345.jpg
ジョージの生家の辺り。
周りの人が動いて初めて、降車するんだな、というのが分かります。

DSC_3347.jpg
ジョージ・ハリスン生家。今でも人が住んでいるのでしょうか。左端に写ってるのがガイドの人。あと10年くらいすると、ブループラークが掲げられるのでしょう。

DSC_3348.jpg
まあこうやって、降りては写真を撮ってまわります。

DSC_3349.jpg

DSC_3351.jpg
ジョンとポールが出会った教会。エリナー・リグビーの墓もここにあります。

DSC_3353_20120928215751.jpg
ストロベリー・フィールズ。

DSC_3354_20120928215751.jpg
落書きだらけです。

DSC_3356.jpg

DSC_3357.jpg
次に紹介するジョンの家からは、たぶん1km位の距離です。

DSC_3359.jpg
ジョンが育った家=つまりミミおばさんの家です。他の人と比べて、金があるんだなあ(そして、イギリスの制度でいえば、労働者階級ではなく中産階級である)という感じです。
没後20年が経過しているので、ブループラークが取り付けられていますね。ツアー以外の巡礼者も見かけました。

DSC_3361.jpg
ポールの家の近くの道路。リンゴやジョージ生家の周辺よりもきれいです。ジョージも子供のころ、この辺りに引っ越したんでしたっけ?

DSC_3363.jpg
ポールの家。生家?

DSC_3364.jpg
ツアーの様子。日本人ぽい人が何人かいるのがお分かりでしょうか。

DSC_3365.jpg

DSC_3367.jpg
駅の近く、ジョンとスチュアート・サトクリフの美術学校の近くだそう。ポールとジョージが出会った学校もこの辺りかな?(中学校にしては家から遠いですが)

「駅の名前になっているライムストリート。皆さん知ってますよね。知らない? みなさん本当にビートルズファンですか?」と、冗談でガイドさんが言ってたけど、曲名を言われるまで分からなかった。「マギー・メイ」に登場しますね。
ツアーは2時間あまりでおしまい。キャバーンの近くでバスを降ります。
DSC_3371.jpg
マシューストリートにある、ジョンの銅像。

徒歩では遠いし、こうやって自動車で回るのは楽でいいですが、ペニーレインなど、じっくり見たかった場所もありますね。
次回、キャバーンクラブ内部と、夕方のリバプールの街をお送りします。ロンドン旅行も、次でおしまいです。


昨夜、アクセス数が1000を越えました。ありがとうございます。ブログタイトルと関係ない、風景や旅行の写真もありますが、秋葉原とラジオ会館の変遷を軸に、特に変わらずお送りしていきたいと思います。よろしくおねがいします。

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/28(金) 22:14:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ひぐらしのなく頃に 土気巡礼 | ホーム | 2011年11月30日の秋葉原>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suberidome2.blog.fc2.com/tb.php/108-f21e92f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)