秋葉原写真風景

ラジオ会館を中心に、、秋葉原の写真を掲載していました…。今は、撮ったものを徒然。

卒業制作 「ラジオ会館の終焉」(The Disappearance of Akihabara Radio Hall)

卒業制作「ラジオ会館の終焉」は、おおよそ次のように構成しました。
計27枚の組写真です。


DSC_2636.jpg
表紙

 秋葉原ラジオ会館は1962年、秋葉原最初の高層ビルとして建設された、地上8階・地下1階建ての商業ビルです。街が電気街であった頃の入居テナントは家電やオーディオ店が中心でしたが、1976年に日本最初のマイコン販売拠点が開設され、秋葉原が家電の街からパソコン街へと変わる先駆けとなり、1998年には模型店と漫画店が出店、電気街からアニメやゲーム、ホビーの街へと変わる契機となりました。このように、街の最先端にありながらも、戦後以来の電気街の歴史を感じさせる風格を持つ、秋葉原の象徴ともいえる建物でした。
 しかし、建設から長い時間が経ち、現代の耐震基準、防火基準を満たせなくなったために解体、再建設されることになり、ラジオ会館はその49年の歴史に、一旦幕を閉じることとなりました。
私は閉館しゆくラジオ会館の撮影を、後世への記録のために始めました。そして、撮影していて目にしたのは、テナントが去り廃墟のようになってしまっても、訪れる人の絶えない、ラジオ会館の愛される姿でした。

2011年6月21日 秋葉原ラジオ会館 

DSC_7144.jpg
5月11日 2Fに設けられた「さよならウォール」。私はこれを見て、ラジオ会館が本当になくなってしまうことを実感し、この日から撮影を始めた。

2011年5月18日 ラジオ会館 また階段
5月18日

2011年6月1日 秋葉原ラジオ会館 レイとアスカ
6月1日 

2011年6月5日 秋葉原ラジオ会館 4階海洋堂最終日1
6月5日 4階の模型店「海洋堂」が閉店。エスカレーターは4階までしかないので、初めて訪れた客はここへ辿り着いてしまう。
ラジオ会館が秋葉原の象徴であるなら、等身大の綾波レイはラジオ会館だけでなく、街全体を象徴する存在ではなかったか。

2011年5月18日 ラジオ会館 4階東側G1前
5月18日 4階、オーディオ店と、模型店「イエローサブマリン」の複数の店舗が並ぶ。ラジオ会館で最も人通りの多い一角。

2011年6月14日 秋葉原ラジオ会館 4階イエサブ5
6月14日 4階の同じ地点。この日は「イエローサブマリン」の閉店日で、この階の他のテナントは全て撤退し、同店も一部の営業のみだったが、それでも訪れる人がいた。

2011年5月18日 ラジオ会館1階
5月18日 1階には昔からのオーディオ店・無線店が多く入居していたが、無線店はアニメやゲームのグッズ、外国人観光客向け土産を扱うようになり、ゲームショップでさえレンタルショーケースに鞍替えした。

2011年8月5日 秋葉原ラジオ会館 全店閉店1
8月5日 1階の同じ地点。結局それらオーディオ店・無線店が一番遅い時期まで残っていたのであった。

2011年6月8日 秋葉原ラジオ会館 2階ハビコロ玩具跡下北
6月8日 2階の店舗跡。

2011年6月8日 秋葉原ラジオ会館 2階トモカ前
6月8日

2011年6月19日 秋葉原ラジオ会館 6階ボークス天使のすみか最終日
6月19日 6,7階の模型店「ボークス」閉店。人形(ドール)の数に負けないくらいの愛好家達が名残を惜しむ。

2011年6月21日 秋葉原ラジオ会館 KBOOKS本館跡
6月21日 3階の漫画店「K-BOOKS」閉店。3階より上の全てのテナントが去った。

2011年6月19日 秋葉原ラジオ会館 安らぎ
4階自動販売機前は、来訪客のちょっとした休憩所となっていた。テナントが無くなっても訪れる人は絶えなかった。

2011年7月4日 秋葉原ラジオ会館 さよなら4階!
6月から7月に変わる頃、ついに4階は閉鎖されてしまった。ラジオ会館は、人の集う、憩いの場ではなくなった。

2011年7月10日 秋葉原ラジオ会館 2階トモカ前
7月10日 閉館を知り、驚く人。

2011年7月28日 秋葉原ラジオ会館14
7月10日 模型店「コトブキヤ」閉店。2階以上のテナントが消える。1階には、昔からのオーディオ店・無線店がしぶとく残る。

2011年7月22日 秋葉原ラジオ会館 今の電気街
7月22日 アニメ、ゲーム、ホビーの街が、家電の街を覆っていた。

2011年7月28日 秋葉原ラジオ会館7
7月28日 店舗が取り払われると、ようやく電気街だったころの名残が出てきた。

2011年7月13日 秋葉原ラジオ会館 エスカレーター
7月13日 上層階のテナントが全て去ったため、エスカレーターは止められた。

2011年7月28日 秋葉原ラジオ会館2
7月28日 エスカレーター入り口が閉鎖される。

2011年8月5日 秋葉原ラジオ会館 丸山無線閉店
8月4日 ラジオ会館開業当初から、最後まで営業を続けていたオーディオ店「丸山無線」が閉店。ラジオ会館は商業ビルとしての役割を終える。

8月12,13,14日。閉館を記念するイベントが行われ、全ての階が開放された。
秋葉原ラジオ会館 大納涼祭3日目17
(私を含めた)イベント参加者の多くは若い世代で、きっと電気街だった頃の秋葉原の姿は知らないのだろう。

2011年8月12日 秋葉原ラジオ会館 納涼祭7
閉館時、看板に書かれた「テレビ パソコン ビデオ」を扱う店舗はなく、多くのスペースがフィギュアやカードゲームを扱う店舗に置き換わっていた。

秋葉原ラジオ会館 大納涼祭3日目25
50年間見守り、時には自らが変化をもたらしてきた街。

秋葉原ラジオ会館 閉館!13
午後7時 閉館の放送と共に、拍手が沸き起こった。

秋葉原ラジオ会館 閉館!19
午後7時20分 総員退館の後、シャッターが下りる。秋葉原ラジオ会館の49年の歴史は一旦、幕を閉じる。



写真はA4で印刷、キャプションをつけ、台紙に張って、これで1枚。以上27枚(+表紙と冒頭説明)。
出来事を中心にストーリーを組みつつ、絵的に印象深いカットも混ぜて、構成しました。
表紙は2011年12月14日の提出直前に撮影したものです。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/10(水) 01:43:00|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<護衛艦「ひゅうが」一般公開 | ホーム | 涼宮ハルヒの弦奏>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suberidome2.blog.fc2.com/tb.php/114-98a8fed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)