秋葉原写真風景

ラジオ会館を中心に、、秋葉原の写真を掲載していました…。今は、撮ったものを徒然。

横浜洋館 イギリス館

DSC_5141_20121106213446_20121109235745.jpg
横浜・山手の洋館より、イギリス館の写真をお送りします。

イギリス館は、昭和12年に建てられた、かつての英国総領事公邸です。
所在地は港の見える丘公園で、建設当時から変わっていません。1969年に横浜市が取得、公共施設として利用されてきたほか、2002年から復元展示が行われています。
「港の見える丘公園」は、元町公園から外国人墓地を経た少し先です。

DSC_4033.jpg
入り口正面

DSC_5141_20121106213446.jpg
入口とは裏側から。左側が母屋、右側は使用人の住居です。
夏の薔薇が咲いていますね。

DSC_3611_20121106213446.jpg
丸窓と、1階の八角形の構造が特徴的です。

DSC_4250.jpg
正面側、離れたところから。大英帝国の、外交の場で使う施設らしいなあと思います。床面積でいえば、7館の中で一番広いです。

DSC_3603_20121106213445.jpg
ジョージ6世治世の建物であることを示すプレート。「GⅥR」とか「EⅡR」とか、変わった表記方法ですよね。

DSC_5116.jpg
玄関。この前、10月の訪問時に初めて気づきました。

DSC_3602_20121106214525.jpg
廊下。右側がホール、左奥が配膳室、後ろ側が事務室です。

DSC_3586_20121106214525.jpg
ホール。かつては総領事の執務室があったようです。八角形の窓などは、格の高い部屋だからでしょう。奥が食堂だったかと思います。

DSC_3589_20121106214524.jpg
ホール。机などを置き、執務室として再現してほしいとは思うのですが・・・。
コンサートなどはこの部屋を使うので、物は置けないのでしょう。

DSC_5143.jpg
ホール奥のサンルーム。

DSC_3140.jpg
「うみねこ」にも登場した厨房です。

DSC_5145_20121106215104.jpg
キッチンや調理用具は、もちろん当時のものは使ってないでしょうね。

DSC_3142.jpg
階段の空間も広いです。正面の丸い窓ですね。
2階へ。

DSC_5112.jpg
寝室。前は枕が2つ並べてあったのですが、この10月には1つに減っていました。

DSC_5113.jpg
寝室が復元されているのは3館ですが、ここが一番しっとりと落ち着いています。
廊下から寝室へは、ドアを2枚通らないといけません。

DSC_3595_20121106215553.jpg
寝室横の、休憩室(Sleeping Porch)です。

DSC_5111.jpg

DSC_4244.jpg
八角形スペースの上の部屋。解説には「化粧室」とありますが、パンフには「衣装室」とあります。まあ、そういう部屋だったんでしょう。
現在は多目的に使われているのでしょうか。

DSC_3598.jpg
展示室。

DSC_3146.jpg
昔はもうひとつの寝室・個室だったのではないでしょうか。現地には、何か解説があるはずですが・・・。

DSC_3600_20121106220302.jpg
展示室奥の休憩室。巡礼ノートもここ。

DSC_5108.jpg
丸窓

DSC_3597_20121106220301.jpg
控室。コンサートなどの際は、実際に控室として使われています。
現役の頃は何の部屋だったんでしょう。使用人住居に近いので、その関係?

DSC_3592.jpg
集会室。ここも個室だったか、或いは仕事関係の部屋だったかもしれません。

イギリス館、広く、寝室やサンルームなどの雰囲気もいいです。その分、公邸として一番大事な執務室(現ホール)がスカスカなのが気になってしまいます。コンサートでの使用がおおいので、展示は望めないのでしょうが・・・。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/06(火) 22:12:02|
  2. 遠足・日帰り旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<横浜洋館 山手111番館 | ホーム | 夜 雨の東京>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suberidome2.blog.fc2.com/tb.php/128-9698f0d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)