秋葉原写真風景

ラジオ会館を中心に、、秋葉原の写真を掲載していました…。今は、撮ったものを徒然。

いわきの旅 後

DSC_5394_20130323230924_20130414223521.jpg
いわきの旅、後編。温泉街と、太平洋に面した小名浜港へ。
撮影は、2013年3月15日です。

DSC_5380_20130323224430.jpg
朝食。
東北の宿は、復興作業員だけを受け入れているところも多いようです。僕の泊まったホテルも、観光の家族連れもいましたが、作業員風の人もおり、駐車場には工事車両が止まり、朝にはもう出払っていました。

DSC_5381_20130323224430.jpg
昨夜飲んだ「ほまれ」いわきではなく会津のお酒だったようです。

湯本の温泉街を目指しますが、道に迷ってしまいます。
DSC_5384.jpg
通りがかった幼稚園は妙に綺麗で、すこし寂しげでしたが、でも子供たちが朝の挨拶の歌を歌っていました。

いわき湯本温泉街。共同浴場「さはこの湯」へ。1回220円。硫黄の臭いがたっぷりします。天然物の温泉ですね。

DSC_5385_20130323224430.jpg
湯本より一駅上った、泉駅へ。バスで小名浜港へ向かいます。

DSC_5387_20130323224430.jpg
小名浜、海の近くの道路。津波で被害を受けたであろう建物、閉まっている商店もありますが、営業している店もあります。「壊滅的」という印象は受けませんでしたが、Youtubeの地震2日後の映像を見ると、この辺りもかなり滅茶苦茶になっていたようです。右側が海です。
コンクリの基礎だけが残っている場所もあれば、新しく建設している建物もありました。海の近くには風俗街がありましたが、昼なので、店が開いているかどうかは分かりませんでした。

DSC_5388_20130323225146.jpg
海のすぐ近くへ来ました。ここまで来ると、施設が流されたんだな、というような空き地が多くあります。

DSC_5390.jpg
戦後、駆逐艦が埋められ、岸壁の材料となりました。この線に沿って、船が沈んでいます。航空写真でもなんとなく分かります。
柵の向こうは立ち入り禁止で、地面がぐちゃぐちゃになっています。

DSC_5391.jpg
津波か液状化か、立ち入り禁止のエリア。

DSC_5392.jpg
小名浜港。手前の地面は、きっと何らかの建物があったのでしょう。

DSC_5393.jpg
海。東北の海も青いです。
右側に水族館、「アクアマリンふくしま」が見えます。津波で1階が浸水し、一部は避難させられましたが、餌の確保や水の管理が困難になり、22万匹以上の生物が死んでしまったとのこと。周りで工事はしていましたが、営業していたかと思います。

DSC_5394_20130323230924.jpg

DSC_5396_20130323230924.jpg

DSC_5397.jpg
物産館「ら・ら・ミュウ」へ。毎時0.076μSvとのことなので、首都圏の2倍くらいでしょうか。
ららミュウは、1階の半分が海鮮市場、残りが食事処とお土産スペース、といった感じでしょうか。バスの団体客もいます。2階はイベントスペースになっているようです。子供のための屋内運動スペースがあり、賑わっていました。普段外で遊ぶことはできていないのでしょうか。
「寿司正」の刺身定食。美味しかったのはイカ、カンパチ、タイ、辺りでしょうか。地元で水揚げされたものなんでしょう。
メヒカリ、という魚が有名だそうです。

DSC_5400_20130323230924.jpg
巡視船「なつい」。大きくはありませんが、数多く運用されてるとのこと。
船が止まっている辺りも、津波ではぐちゃぐちゃになっていたようです。

DSC_5401.jpg
アクアマリンの横から。

DSC_5403.jpg

バスが30分待ち。駅まで歩いて戻ろうと思ったのですが…
DSC_5405.jpg
海沿いには工場が立ち並んでいます。小名浜とはこんな感じの町でした。コンビニやレンタルビデオ店も、ちゃんと営業しています。
駅まで6km、1時間半かかりました。疲れた…

DSC_5406.jpg
いわき駅周辺を、北口から。


いわきは人が多く、ゴーストタウンなどではありませんでした。また、この行程では、津波の爪痕といったものを目にすることはあまりありませんでした(2年が経ち、さすがに片づけたのでしょう)。放射線濃度は首都圏の2倍くらいですが、どれくらい人体に影響があるか、僕では分かりません。子供も特に少なくはないですが、室内運動場の利用者が多くいるので、外で遊べてはいないのかもしれません。
観光地としては、海があり、温泉がありで、関東からのアクセスも良いかと思います。というより、関東の一部、というような印象を受けました。「がんばろういわき」という文字を多く見かけましたが、「がんばろう福島」は少なかったように思えます。中通りとのアクセスも良くないのでしょう。
宿泊可能な宿は少なかったです。混んでいるんでしょう。公共交通機関も少ないので、バスツアーを利用するか、大都市に拠点を置くのがいいかもしれません。

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/03/23(土) 23:32:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<2013年3月26日 秋葉原 | ホーム | いわきの旅 前>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suberidome2.blog.fc2.com/tb.php/165-483e08c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)