秋葉原写真風景

ラジオ会館を中心に、、秋葉原の写真を掲載していました…。今は、撮ったものを徒然。

千葉市の軍事史跡 鉄道連隊廃線跡

DSC_6756_20130407003813.jpg
千葉市の、鉄道連隊が使っていた線路の跡を追います。

16730624_1009610606_15large.jpg
現代の千葉市の轟町~松並にかけての地図。

16730624_1009610629_7large.jpg
昔の地図。現代の太い道路は、かつて鉄道連隊が使っていた線路でした。地図記号が見えるかと思います。モノレールの高架が建つ道路もかつては線路で、津田沼の鉄道第二連隊まで伸びていました。

16730624_1056724891_200large.jpg
連隊の敷地内では、赤線青線のように線路が伸びていました。
まずは天台駅から、赤線を追います。

DSC_6758.jpg
天台駅近くから入ったところ。現代のモノレール線は津田沼に延びる「本線」で、連隊敷地内への「支線」といったところでしょうか。

DSC_6759.jpg
地図を見たときには道路の不自然なカーブが気になってましたが、線路跡だったんですね。

DSC_6760.jpg
廃線跡だと分かる人は分かるといいますが…僕はさっぱり。

DSC_6761.jpg
カーブが終わると直線に。

DSC_6762.jpg
右側が廃線跡。妙に角度が鋭い交差点だなと思ったら、そういう歴史があったのですか。

DSC_6763.jpg
線路は直線から合流し、ここを通り…

DSC_6764.jpg
中央区に入っても伸び…
車道の高さは変わりませんが、歩道は少し低い場所へ。線路のための土手だったのでしょう。

DSC_6765.jpg
ここで総武線に繋がっていました。

続いて青線を追います。青線の線路は、上の地図でも書かれていますね。
DSC_6335.jpg
車道、歩道、すべてが少し広めで、緩やかなカーブを描いています。

DSC_6766.jpg
この辺りは、鉄道第一連隊の補給廠、材料廠でした。現在は学校が多く建っています。
この先で、千葉経済学園の敷地内へ。

DSC_6756.jpg
材料廠の建物が、今も残っています。

DSC_6757.jpg


地図含め、今回も「千葉空襲写真史」を大いに参考しています。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/04/04(木) 22:40:57|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ユーカリが丘線 | ホーム | 千葉市の軍事史跡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suberidome2.blog.fc2.com/tb.php/170-fc83a7ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)