秋葉原写真風景

ラジオ会館を中心に、、秋葉原の写真を掲載していました…。今は、撮ったものを徒然。

「株式会社ラジオ会館」について思った駄文


後から出す悪口なんて、趣味が悪いだけなのだけど、話題になっているし、自分の中でも整理してみようと思うので、メモ程度に、いい加減に書く。建物「ラジオ会館」や、不動産会社「秋葉原ラジオ会館」と混同するので、某社としてしまおう。

「第三者」が誰なのかは全く分からない。2人いた代表者名で調べると、銀座のチロルチョコを使った企業者がヒットする。某社も声優のチロルチョコを出していたので、同じ人物か?
とはいえ、この第三社が積極的に建て替えを進言した、というのは違わないか。築50年近く、とくに耐震・防火基準に適合しなかったので、建て替えは必要だったのではないか(関与したとしたら、立ち退きの場面か?)

別の会社だというのは、フリーペーパーが出たくらいに知ったと思う。僕としては建て替えの進捗に興味があったので、ネットのPRESSも含め、割と一体だと思ってた。

・2011年 閉館イベント~秋のイベント
当時人気があったゲームにすり寄った感。50年の歴史に対して、その場で流行っていたものを利用する、余りに軽い態度。グッズも印刷しただけみたいな、「それラジオ会館じゃなくてもいいよね」といったもの。さらに、最後に最上部に汚いゴミを張り付け、イベント後に100万円で売ろうとする。
ということで、そのあたりは不愉快だったが、でも不動産会社・秋葉原ラジオ会館は、閉館イベントを開催しなかったろうし、考えもしなかったんじゃないかと、勝手に思う。ラジオ会館を舞台に、イベントをやってくれたこと自体は感謝か。
・閉館イベントのオークションはなかったことになった
・「写真を撮ってもらったので、使いたいと思っています!」結局なんにもやんない。

・2012年 春のイベント
思い出せないという方もいらっしゃるかもしれないけど、「カレーまつり・声優まつり」です。
「ベルサールで、秋葉原ラジオ会館による「声優まつり」「カレーまつり」が開催していた。声優まつりは、秋葉原ラジオ会館のネットラジオの出演声優(超一流出ずっぱり、ではないけど、そこそこ活躍してる人)のイベント。声優はアイドルではなく、作品を構成する一部だと思ってるので、特に興味なし。
カレーまつりは14店が集結というが、秋葉原にはない店、イベント店、専門店ではないメイドカフェなども多く、老舗人気店の「ベンガル」「ラホール」が参加せずと、無価値なものだった。
まあ全体的に良い加減で、ラジオ会館と何にも関係しなかったので、無視です。」(2012年12月の記事より)
ラジオ会館はおろか、秋葉原じゃなくてもいいよね?

・祈念の儀
上のイベントの一週間後に行われた、跡地でのイベント。
「解体の際に出たビルの破片「かけら」は面白かったけど、僕がいたときには売り切れ。後で再生産したそうですが…。」
「かけらはなかったけれど、スタッフはどうでもいいグッズセットを勧めてきた。ラジオ会館敷地内に入れるのもこれが最後になりました。公開されただけでも良し」(2012年12月の記事より)
これは良かったんじゃないかな。かけらの再生産とか、気になるけど…。

・プラモデル
2012年夏
1/1000 ラジオ会館×シュタインズゲート ラジオ会館1/1000 ラジオ会館×シュタインズゲート ラジオ会館
(2012/08/12)
プラッツ

商品詳細を見る
メーカーの「プラッツ」が悪者にされてるけど、某社が高をくくって、いい加減に企画したと、僕は考えています。
「原因は本当にメーカー「プラッツ」にあるのだろうか?」 (2012年8月)

・PRESS
解体・建設の記事は良かった。僕も入りたかったよ。もっと頻繁に更新されればよかったが?
・ツイッター
ラジオ会館はおろか、秋葉原でなくてもいい記事ばかりになり、フォローをやめた。今はPRESSのRTばかりだ。
・オンライン
オークションのため登録したが、ここじゃなきゃいけない商品がなく、「なぞ袋」みたいなのを売り始めたので… 退会したはずなんだけどなあ。
オークション、いいものはあるけど、もうぼったくり値段だったよね。ちょっと高い。
・ラジオ
聞いたこともない。
チロルチョコは、全部同じ柄・味45個で3500円が、5セットあるそう。これは酷い。もっと工夫の余地があるだろ。全員が全員、5セット買うと思ったの?


・フリーペーパー
創刊号「入居店舗にもうちょっとスペースを割いてもよかったと思うけど、カバージャンルは広く、入居してない店を知れたのはよかったと思います。
秋イベントのレポートが「ん、なんだあれ!? 人工衛星がラジオ会館に突っ込んでる!!!??? まぢでまぢで!? 怖いよ怖いよ!(>_<)」と稚拙なのが×。
それから、ここでECモールオープンと、オークションの告知。え、納涼祭でオークションにかけられた物品が掲載されてるんだけど、あれはどうなったのよ?」(2012年10月の記事)
悪くない出来だったと思う。

1号「ラジオ会館建設の記事(1ページ)、ファンには必読でしょう。昭和25年の木造建築と最初の16店など、全く知りませんでした。他、海洋堂の紹介が2ページ。表紙は誌面に登場する人たちで、まだ独自性がありました。」
歴史ページが一番良かったよ。ラジオ会館じゃないと、見せられないもの。
食ページで、ちゃんとラホール、ベンガルも登場している。PC・オーディオ店ページも見開きである。

2号「自作PC記事は面白かったかな。本屋は初めて知ったなあ。」

3号「人気ゲームに乗っかりました。RAW撮影のススメ(という名の画像修正ソフト宣伝)が1P。PCパーツ・オーディオ店紹介が1Pなのは寂しい。」
ゲームの宣伝ページが多い。

4号「他の号に比べ、商業の臭いが薄いように思えます。」

・・・歴史ページが面白かったけど、そのうちに無くなってしまった。うーん、ネタはたくさんあると思うんだけどね。無線・オーディオ関係の店の人に話を聞く、でもいいじゃない。
最初の頃の店舗紹介が、シンプルで良かった。テーマを決めて、店を回って買い物しよう!も、面白かったと思う。結局そのあたりから暴走して、「記者が潜入!」みたいな、お寒いページが増えてしまったのか。

フリーペーパーで、ずっと掲載が続いていて気になったのが三者。一つはラーメン店(単に広告出してるだけか)、一つはオリジナルフィギュア(エロ同人作家がやってる)、一つは評判のよくないアイドルグループ。「第三者」この辺りなんじゃないかなあと、勝手に想像してます。
以上失礼しました。
  1. 2014/07/29(火) 05:57:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松山市(四国旅行4-1) | ホーム | 新ラジオ会館の開館 (The Beginning of New Akihabara Radio Hall)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://suberidome2.blog.fc2.com/tb.php/271-3f71c204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)